MENU

シニア層に人気の高反発ゴルフドライバーはHAYABUSA!

HAYABUSA(ハヤブサ)

 

高反発ドライバーのHAYABUSA(ハヤブサ)は、無理することなく楽に飛距離がアップするので、シニア層に大変人気です。ドライバーの飛距離が落ちるとスコアも伸びないので、スコアをアップするためにもドライバーの飛距離は重要です。

 

高反発ドライバーの魅力は飛ばせることです

歳をとってきて、どうしてもドライバーの飛距離が出なくなってきた、という人も多いでしょう。体力、膂力共に全盛期ではなくなってしまった以上、それは仕方ないことです。いくらゴルフが技術のスポーツであるといっても飛距離に関してはかなり膂力に依存する部分が大きいからです。

 

飛ばすことが第一目的のスポーツではないですが、やはり爽快に飛ばした方が気持ちがよく、ゴルフの醍醐味の一つではあります。

 

そこでお勧め出来るのが高反発ドライバーになります。ゴルフをやったことがある人ならば聞いたことくらいはあるでしょう。ゴルフボールを飛ばす時にはインパクト時に衝撃を与えて、前に飛ばしているわけですが、この時、クラブ自体の反発係数というのがとても重要になっています。

 

要するにどれだけ弾くことができるのか、という係数であるわけですが、これが高く作られているのが高反発ドライバーです。当然ながら飛ばすことにおいて、極めて有利です。あまりにも有利なので、現在は競技に使うことは禁止されていますが、個人で使う分にはまったく問題ないです。

 

飛距離アップを目論むのであれば、極めてお勧め出来るクラブであるといえます。大手メーカーはそこまで参入している分野ではないです。何しろ、正当な競技の時には使えないからです。中堅メーカーあたりがよく作っていますし、専門店に言えばしっかりと販売はされていますから、試し打ちなどをして、その感触を確かめてみるとよいでしょう。

 

50歳を超えるといろいろな部分で老化現象が出てしまうのでゴルフの飛距離も当然落ちてきてしまいます。筋力の低下による面も多いのですが、年齢を重ねてくると微妙に体型も変わってきています。体型が変わってきてしまうとドライバー、アイアン、シューズなども自分の体にフィットしなくなっている事も考えられます。まずゴルフをする前にゴルフ道具が自分の体にフィットしているかしっかり確認しておきましょう。飛距離が落ちてきた時にまず考えられるのがドライバーです。ドライバーを選ぶ時には性能を最大限に引き出せるようなものを選んでいく事が大切になってきます。少し重いドライバーだと若い頃は体にフィットしていたかもしれませんが、50歳を超えてしまうと体力的にも衰えてきてしまうので負荷がかかってきてしまいます。そのため50歳を超えたら体力に合わせて軽量のドライバーを使って自分のスイングがしっかり出来るようにする事を心掛けるといいでしょう。またアイアンに関しても同じことが言えるのでドライバーだけではなくアイアンもしっかり確認しておきましょう。シューズに関しても50歳を超えてくるとフィット感が変わってきてしまう事があります。シューズはスイング中下半身を踏ん張る時に重要になってきます。シューズがフィットしていないとすごく気になってしまって下半身の踏ん張りが甘くなってしまう事があります。そのためシューズのフィット感というのは飛距離を出す時に意外と重要な事なのです。

力がなくても飛距離がでるシニア層に人気の高反発ゴルフドライバー

このページの先頭へ